薬の個人輸入

海外から輸入された医薬品が個人の判断で販売されている実態をご存知でしょうか。とりわけ、偽物が多い治療薬にED(勃起障害)の治療薬が挙げられます。

EDの症状をもつ男性の多くは、誰にも知られずにこっそりとEDを治そうと考えます。この考えのなかには、気恥ずかしさやプライドが関わっています。そのためオンラインショップで手軽に治療薬を購入してEDを治療しようと考える男性が多いのです。

しかし日本では、医薬品、医薬部外品、医療機器などの輸入を薬事法で厳しく取り締まっています。個人での利用は許されていますが、商品として提供することやほかの人に譲ることは禁止されています。

海外から輸入された医薬品をオンラインショップで提供している業者は法律に触れており、私たちはそれらの違法な医薬品を購入してはいけないのです。

健康被害を受ける可能性あり

医薬品を安く手にいれたい気持ちは理解できますが、オンラインショップで販売される医薬品は偽物が多いため注意が必要です。

例えば、ED治療薬のおよそ4割が偽造品と判断されています。外見的は正規品と類似しており、パッケージにもED治療薬と断言する商品が多いです。輸入された医薬品は、有効成分が一定量を満たしていない場合や、そもそも有効成分が入っていないケースも珍しくありません。

何が入っているかわからない医薬品を服用することは大変危険であり、健康上のリスクを伴います。日本でのED治療薬をオンラインショップで販売できないこと、きちんと医師の診察を受けた上でしかED治療薬は処方できません。

参考:<偽造ED治療薬4社合同調査結果>依然減らない健康被害へのリスク インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品

日本にも、ED治療など男性特有の症状の診察を行っている専門クリニックが存在します。

参考:EDについて【浜松町第一クリニック】

長年、症状について研究を続けてきた専門医の元、バイアグラなどの治療薬を処方してもらえるので、EDを改善しようと思ったらきちんと診察を受けましょう。

医薬品副作用被害救済制度

正規のルートで入手した医薬品でも、副作用が身体に悪影響を及ぼす可能性は十分に考えられます。その救済措置として、医薬品副作用被害救済制度があります。

医薬品副作用被害救済制度は、ドラッグストアや薬局などで入手した医薬品を、適切に使用したにも関わらず健康被害を受けた場合に適用できる制度です。

ED治療薬を日本で購入するには医師の診察を受ける必要があります。しかしED治療は健康保険が適用されないため、自費診療となります。せっかく高いお金を出したのに、改善はおろか身体に悪影響しかなかったという人もいるはずです。

健康被害を受けた人のためのサポートとして医薬品副作用被害救済制度があります。万が一健康被害を受けた場合は、医薬品副作用被害救済制度を利用しましょう。